水サーバーを使い始めた感想

ペットボトルの水をやめて、宅配サービスに加入しました。水サーバーはやっぱり便利です。使いたいときにすぐに水が必要量出せるのがうれしいですし、料理に温水を使うことで、時間を短く仕上げられるのが個人的にはいいと感じています。特に、乾麺を茹でる場合には重宝しています。電気代も気になりますが、ちょっとした時間を短縮できるというのは、今の忙しい生活サイクルにとっては、かなり嬉しい機能です。

ミネラルウォーターのペットボトルの場合は、とにかくこの空ボトルがどんどん溜まっていってしまうことが、いつも悩みの種になっていました。その点が解消できただけでも、水サーバーを使うようにして良かったと感じています。

その他では、いざという時のための水をちょっとストックしておくことが常に可能になったので、安心感を感じています。当たり前に水道から水が出る生活をしていると、ついつい忘れがちになってしまいますが、やはり飲み水の確保だけはしておきたいと常々感じていたので、この部分も解消できてうれしいです。最初はお試しからスタートしましたが、サービスにも特に不満は無いので継続して使っていくつもりです。ゴミ捨ての買い出しの苦労が無くなっただけでも、とてもありがたいです。
そんな便利な水サーバー情報はこちら
お店を経営している方の中には、集客効果と売り上げアップを狙って、お店のホームページを作ってみたいと考えている方も多いと思います。また、すでに作ってみたものの、今ひとつ売り上げに結び付かないことで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、そういった方におすすめなのが、お店のホームページ制作をホームページ制作会社に依頼するという方法です。

ホームページ制作会社に依頼するメリットとしては、わかりやすく、魅力あるホームページ作りをしてもらえるだけでなく、ドメインの取得からすべて行ってもらえますので、これまでホームページを作ったことが全く無い方でも安心です。

また、SEO対策といったことも含めて行ってもらえるので、ホームページへのアクセスアップが期待出来ることから、集客効果や売り上げアップにつながる可能性が高くなるという点もメリットと言えるでしょう。

このようにホームページ制作会社に依頼するメリットは多数ありますが、どこに依頼するかというのも重要になります。探し方としては、インターネットのホームページ制作会社の一括見積もりサイトを利用するといった方法があり、利用することで数多くの中から選ぶことが出来ますので、ホームページの制作を考えている、または自分で作ってみたけれどうまく行かないといった方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

USBメモリーのデーターが消えた

音楽に関わる仕事にはいろいろな形態がありますが、その中でわたしは楽譜の浄書という仕事をしています。

この楽譜の上書というのは、手書きの楽譜を出版するために綺麗に書き直すという作業を行うのです、以前は烏口などの特殊な道具を使用して楽譜を書いていましたが、現在ではパソコンでの作業に切り替えて10年以上になります。

そのために出来上がった出版用の楽譜を、お客様にお届けする時に今までは大きな茶封筒に入れて、郵送したり手渡していたものを、最近ではUSBメモリーに保存して渡すようになっています。

これも時代の流れですから、わたしも自然にUSBメモリーでの受け渡しになれていたのですが、ある時からこのUSBメモリーに保存することに疑問を感じるようになりました。

ある時アマチュアのピアノ演奏家の以来で、自作のピアノ曲を出版したいと言うことで、楽譜の浄書を引き受けたのですが、たまたまその人の自宅と近かったせいもあり、出来上がった楽譜をUSBメモリーに入れて届け用途出かけたのです。

ところが急に楽譜のある箇所の音楽記号に不安を感じて、どうしても確かめてみたくなってしまいました。

そこで目についたコンビニでコイン式のコピー機を使って、とりあえずプリンとしてみることにしたのです。

さっそくUSBメモリーをコピー機に挿入してみると、確かに保存した楽譜のデーターが認識されません。

あわてて何度も差し直してみても同じようにデーターは見つからないのです、どうやらその日は気温が高かったために、USBメモリーが高温になりデーターが破損したようなのです、その足で作業場に戻り生データーをお客様に届けて無事にすんだのですが、それ以来USBメモリーで届けるときには必ずバックアップも持ち歩くようにしています。

プレゼン用のデータが消えました

私はこれまで何度もデータを消してしまった経験がありますが、

一番痛かったのは、プレゼンテーション用のデータが消えたことです。

これは、外国人向けのプレゼン用資料でした。

日本語から英語に翻訳しながら、エクセルで資料を作っていたのです。

専門用語なども多かったので、かなりの作業時間を要しました。

全部でA4サイズ15枚分の資料で、最後の15枚というところで、

いきなりデータが消えたのです。

今でもはっきりとした原因は分かりません。

ウイルスなのかもしれません。

とにかくこれまでの苦労が水の泡だったので、

本当に泣きたい気分でした。その日は金曜日だったので、

土日に休日出勤して同じ資料を作りました。

英語のデータは消えてしまっているので、一から作り直しです。

頭の片隅に残っている英訳の記憶をたぐり寄せながら、なんとか

プレゼン当日に間に合わせました。

神様のいたずらとしか思えないのですが、プレゼンもうまくいき、

大きな契約を受注することができました。

それ以外にもメールを打っていたら、突然データが消えてしまった、

ということも何度かあります。下書きに保存したり、上書き保存を

こまめに行っていれば、データが消えても最小限のダメージで

すむはずです。防げるものは自分で防ぐ努力が必要だと思いました。

しなければ行けないと思っています。

中途半端な素人のデータ復旧

パソコンが故障して、修理に出すのもデータ復旧業者に依頼する

にも高いから自分でやってしまおう、なんて思う人もいると思います。



パソコンを何年も使い続けて、パソコンの事を何でも分かってくると、

故障ぐらい自分でもできるのでは、と思うようになってくるものです。



勉強をちゃんとすれば、もちろん修理なんて簡単にできるように

なるかも知れませんが、これが思っているより難しい訳です。

簡単だと思っていた作業が、やり始めると「こんな事ではない」と

訳が分からなくなり、頭の中はパニック状態、冷静に考えれば

分かるような事でも「データ復旧どころか、自分が止めをさして

しまう事になる」と慌ててしまう訳です。



メモリーカードを入れ替える事が出来る人間だから、故障なんて

簡単に直してやる、なんて思い上がった気持ちが、大変な事に

なってしまう訳で、人間の生き方そのもので、あまり世の中を甘く

見ない方がいいと言う事です。



中途半端なパソコン好きがいじってしまった、故障パソコンは

そこから修理に出し、データ復旧をお願いします、なんて言っても

「アンタが手をつけなきゃあ直ったものを」と睨まれてしまうものです。



故障したら、やっぱり素人は絶対に手を出してはいけないと言う

事です、素人はどこまで行っても素人なんですから。

私のデータ復旧体験記

パソコンが壊れてショックなことって、きっと本体よりも中身のデータを取り出せないことですよね。私もパソコンが急に壊れてしまい、修理に出すと全部データが消えてしまうということで困り果てました。



最初は自分でデータ復旧を試みようとして、ネットでいろいろ調べたり、人に聞いたりしてみました。

他のPCにつないでデータを引っ張り出す方法や、HDDデータ復旧ソフトなどがわかったのですが、パソコンは一台しかないし、そのパソコンも起動しないということで自力は断念して専門業者にお願いすることにしました。



お値段は約1万5千円。

業者さんに宅急便で壊れたパソコン本体を送ります。

ながく使っていたパソコンなので、物理障害が心配でしたが、故障は電源系でHDDは無事だったらしく、CD三枚分のデータを受け取ることが出来ました。

でも、注文するとき「どこのフォルダのどのデータを復旧してほしいか」など指定する必要があるので、人に見られたくないデータなどがあったら大変ですね。

私は特に法律に触れるようなデータは持っていませんが、自作のイラストとか作ったHPのデータとかを出してもらったので、万が一見られていたらちょっと恥ずかしいです。

取り出した後の壊れたパソコンは当然ですがまた送り返されてきました。送料なども含めるとなかなか手痛い値段ですので、やはりバックアップはこまめに!という教訓ですね。



データ復旧の可能性

こんにちは!
今回はデータ復旧の可能性について色々とお話できればと思います。
早速ですが皆さんはデータ復旧となるとどんな状態の機器を思い浮かべますでしょうか?
比較的多いのは起動しなくなってしまったパソコンや認識しなくなってしまった周辺機器です。
こういったものは外傷はまったくなくても中身が壊れてしまっているものが多いので分かりづらいですよね!
データ復旧を行うに当たってパソコンやその周辺機器を分解する事が多々ありますが、稀に内部の故障が目に見えて分かる事例もあります!
特に落雷後通電しなくなってしまった機器に関しては内部の基盤がショートしていて焦げているものも存在します。
こういったものはたくさんあるわけではありませんが、確かに存在します。
基盤のショートが激しいものは復旧が困難なことがありますが、成功することも少なくありません。
落雷後通電しなくなってしまった機器がショートしていたら、どこまでそのショートが広がっているかが問題になってきます。
外付けHDDの場合、HDDとUSB端子を接続するための基盤が存在します。この基盤に穴があくほど焦げているものもありましたが復旧は成功しました!
この焦げている基盤からHDD本体へのダメージが比較的少なかったため復旧率も上がって無事に復旧することができました。
落雷などで外部から見てもケースが溶けてしまったりしてて難しそうな場合でも復旧できる可能性がありますので諦めるのはまだ早いですね!
なかなか見るケースではありませんが、パソコンが火災で燃えてしまい、見た目上本体が溶けて変形しているパソコンからもデータ復旧が成功した事例などもあるようです!
逆に外傷が全くなく、パッと見た感じ軽傷のようなものでも復旧が出来ないこともあるので見かけでは判断は難しいですね。
他にも落としてしまったり、水没させてしまったりなどした場合でも可能性は十分にあるということです!
また、パソコンや周辺機器は機械ですので必ず寿命が存在します。もちろん機器の種類や状態によって大きく差はありますが使っていればいずれかは寿命に直面します。
ハードディスクなどが劣化して故障しかけてきたり、故障していたりすると異音がすることがあるので、そういった場合などはできるだけ電源は入れずにそのままの状態でお持ち頂ければと思います!
試行錯誤をするために長い時間電源を入れていたりすると劣化を早めてしまい、復旧率が下がってしまうので注意するようにして下さい。

2.5インチのハードディスク

こんにちは。

最近、外付けのハードディスクの価格が下落してきていて、500GBくらいのものであれば
かなりお安く買える時代になりましたね。特に、手軽に持ち歩けるということで2.5インチ
サイズの外付けハードディスクが大変売れているようですが、
データ復旧依頼も、2.5インチ外付けハードディスクが増えてきています。
とても使い込んだものも入ってくるのですが、中にはまだ新しい現行モデルの物まで入ってきます。
そういった方は、たいてい『落としてしまって、それ以降パソコンにつないでも認識しない』や
『少し強めにぶつけてしまってからパソコンに接続しても中身が見えない』など、物理的な
故障が原因での不具合が多くなっています。
持ち歩きしやすいので便利な分、そういったリスクも持ち合わせているのが2.5インチの
外付けハードディスクです。
持ち歩いて、さっと取り出し、パソコンにつなげばすぐ使える・・・とても便利ですが、
中のデータが全て消えてしまったときの対策はきちんとしていますか?
やはり、高いリスクを持ち歩く分、データのバックアップはきちんとしておいてください。
もし、バックアップをとっていない場合はデータ復旧という形となりますが、ほとんどの場合は
重度障害データ復旧が対照となってしまいます。重度障害とは、通常一般的な業者が行う復旧方法で
復旧できる場合は通常障害となるのですが、通常復旧で復旧できなかった場合に、でデータ復旧専門の
装置を使って復旧を行うことを重度障害復旧といたしております。
弊社で導入したPC-3000というデータ復旧専用の装置を使用してデータの抽出・復旧を行うため、、
ハードディスクの容量に応じて復旧料金は変わりますが、高額な復旧となります。
また、データの容量やデータの種類によってお時間もかかってしまう場合があります。
ただし、ほかの修理業者にて行っているデータ復旧サービスよりも復旧率は数段高い復旧率と
なっていますので、ほかでだめだった場合でもあきらめずにお問い合わせください。
また、まだデータ復旧の業者をどこにしようかお悩みの方、データ復旧を行うたびに復旧率は
低くなっていってしまうので、大切なデータであればあるほど最初に弊社にお持ちになってください。

それでは、またお会いしましょう^^

データ復旧の注意点

こんにちは。

最近、外付けのハードディスクの価格が下落してきていて、500GBくらいのものであれば
かなりお安く買える時代になりましたね。特に、手軽に持ち歩けるということで2.5インチ
サイズの外付けハードディスクが大変売れているようですが、
データ復旧依頼も、2.5インチ外付けハードディスクが増えてきています。
とても使い込んだものも入ってくるのですが、中にはまだ新しい現行モデルの物まで入ってきます。
そういった方は、たいてい『落としてしまって、それ以降パソコンにつないでも認識しない』や
『少し強めにぶつけてしまってからパソコンに接続しても中身が見えない』など、物理的な
故障が原因での不具合が多くなっています。
持ち歩きしやすいので便利な分、そういったリスクも持ち合わせているのが2.5インチの
外付けハードディスクです。
持ち歩いて、さっと取り出し、パソコンにつなげばすぐ使える・・・とても便利ですが、
中のデータが全て消えてしまったときの対策はきちんとしていますか?
やはり、高いリスクを持ち歩く分、データのバックアップはきちんとしておいてください。
もし、バックアップをとっていない場合はデータ復旧という形となりますが、ほとんどの場合は
重度障害データ復旧が対照となってしまいます。重度障害とは、通常一般的な業者が行う復旧方法で
復旧できる場合は通常障害となるのですが、通常復旧で復旧できなかった場合に、でデータ復旧専門の
装置を使って復旧を行うことを重度障害復旧といたしております。
弊社で導入したPC-3000というデータ復旧専用の装置を使用してデータの抽出・復旧を行うため、、
ハードディスクの容量に応じて復旧料金は変わりますが、高額な復旧となります。
また、データの容量やデータの種類によってお時間もかかってしまう場合があります。
ただし、ほかの修理業者にて行っているデータ復旧サービスよりも復旧率は数段高い復旧率と
なっていますので、ほかでだめだった場合でもあきらめずにお問い合わせください。
また、まだデータ復旧の業者をどこにしようかお悩みの方、データ復旧を行うたびに復旧率は
低くなっていってしまうので、大切なデータであればあるほど最初に弊社にお持ちになってください。

それでは、またお会いしましょう^^
長い間使っているパソコンがある日突然立ち上がらなくなりました。以前から買い替えることは考えていたのですが、まだ使えるのでそのまま使っていました。すると突然使えなくなってしまったのです。電源のスイッチを入れてもファンが回る音はするもののまったく立ち上がらず、何分待ってもずっとそのままなのです。大事な旅行や家族との写真のデータがハードディスクに入っていますので、本当にあせりました。パソコン自体はもうあきらめてもいいのですが、データはあきらめることができません。データ復旧のためにいろいろしてみました。BIOSから立ち上げたりしようとしましたが、それもできません。電源プラグを変えても意味がありません。実際直接ハードディスクからデータを取り出すことにしました。パソコンを開けてみるとかなり埃がたまっています。ファンの羽にも細かい汚れがたくさん。掃除が足りなかったかなと思いました。ハードディスクを本体から取り出して、接続コードをつなぎ別のパソコンへUSB接続でつなぎました。このコードはパソコンに詳しい友達から借りました。そうするとその別のパソコン内でであたらしいハードディスクドライブとして認識されていました。よかった。本当に落ち着きました。大事は写真はとりあえず取り出してそのパソコンでCD-ROMに焼きました。データ復旧ができるかどうかは本当に大切な問題ですよね。こんなことがないようにときどきバックアップをとるようにしようと思います。

データ復旧情報リンク2